JCVN

治験バイトでもらえるお金

治験って治験ボランティアとか治験モニターって呼ばれることもあるけど、しっかりとお金が貰えます。

 

なんかボランティアって言ったらお金が貰えない無償の仕事って感じがしますが、治験バイトはしっかりと有償ですから安心してくださいね。

 

JCVNも医学ボランティア会のJCVN、治験ボランティアっていう言葉が付いていますからね。

 

貰えるお金の事もたくさんの呼び名があって、協力費、謝礼金、協力費、負担軽減費とかってあります。 バイト代って言うのはあんまり言わなくて正式ではないんですね。

 

厳密に言うと治験、臨床試験は、アルバイトっていう事ではなくてボランティアになるんです。

 

治験への参加って自分自身の意志で参加申し込みが出来るんですが、無償ではなくて、治験参加にかかる経費とか時間、手間、拘束の負担を軽減する目的で負担軽減費・協力費・謝礼金という名目でお金が貰えるんです。

 

治験の呼び方と治験でもらえるお金にもたくさんの呼び方があるって事ですね。

 

 

 

治験に参加する事でかかる費用を貰える

 

@時間拘束

 

A経費、交通費

 

Bその他の負担金、検査、日誌

 

高額謝礼金の例なんですが、3泊4日の入院治験で負担軽減費、15万3千円って言う金額のもあるぐらいですからね。

 

ものすごい高額ですが、これは結構特例で、1日当たり、1万〜1万5千円ぐらいが、相場なのかなって思います。 名の出1週間で10万ぐらい、2週間麻入院治験で20万ぐらい!

 

 

トップページに戻る

治験の安全性

カウンセラーおすすめ

新しい薬を試すのって大丈夫なのか?についてですが、治験を行うにはかなり厳しい審査とか基準があるので、治験に進むまでにも大変なんです。

 

色んなハードルがありますからね。 治験で一番重要とされているのが治験を受ける人(被験者)の安全です。 まあ治験自体が薬の安全性を立証するためのものですからね。

 

治験に参加するすべての人の人権と安全を最優先にしています。 最善の注意とかが払われているし、被験者の健康と安全を確保されています。

 

 

JCVNの治験は、参加する前のしっかりとした説明会も開催されているし、参加する人、被験者がしっかりと、薬の危険性とか安全性とか副作用とかを理解と納得したうえで治験の協力が出来るっていう事になります。

 

また治験に参加している途中で気分が悪くなったとか体調に変化があった時とかって、治験途中でもいつでも解約する事も可能で、法律で守られています。

 

また医師とか看護師さんに診てもらう事も可能ですし、まあ特に何もないことがほとんどなんですけどね。

 

JCVNの治験の安全性は高いと思いますよ!